昨日の続き。

9時半の開館と同時に箱根美術館へ。

 

ちょうど紅葉の季節ではあるが、

今年の紅葉はちょっと物足りない雰囲気。

 

それでも箱根美術館は展示の他に、いろんな庭が楽しめる。

こちらは苔庭。

 

お茶屋さんもあったが、

開店は10時からなので、準備中だった。

 

この日は小春日和の良い天気。

 

鯉さんが泳ぐ池のある庭。

 

石段を上がって上へ。

 

見晴らしの良い場所に。

 

1番高い場所に展示のある本館が。

展示は埴輪や陶器など渋めの展示だが、

フラッシュでなければ撮影OKというのは嬉しい。

 

渋めの展示の中で気になったのは、

兎の埴輪と、

 

牛の陶器。

 

本館2階の窓からは、素晴らしい景色が見えた。

 

本館を後にし、竹林を通って出口へ。

 

出口にある土産屋&休憩所の建物からの景色もなかなか。

 

帰りは徒歩で宿に向かう。

途中強羅公園があったが、

 

紅葉の庭も満喫したし、有料だったので、素通り。

 

急な坂を下りつつ、宿に戻る。

このあとは柴犬と一緒に観光へ。

続きは明日…。

 

 

スポンサーリンク