昨日の続き。

最終日は米子駅から境港線に乗り、境港駅へ。

境港線は、”ゲゲゲの鬼太郎”のメインキャラクター

6種類の列車が走っている。

 

行きは、こなきじじい列車。

 

シートにもキャラクターが描かれている。

そしてなんと鬼太郎や目玉のおやじの声で車内アナウンス。

 

境港駅に到着。

 

駅の待合所から鬼太郎一色。

 

駅の隣にある交流館には、巨大な壁画が。

 

外灯は目玉のおやじ。

 

ポストの上には鬼太郎。

 

とにかく境港は、町ごと妖怪のテーマパークのようになっている。

 

水木しげるロードは端まで10分くらい。

のんびり歩くことに。

 

ベンチや、

 

マンホールまでキャラクター。

 

100体以上のブロンズ像も。

 

公園も妖怪感漂う。

 

途中からは、昔ながらのアーケードのある商店街。

 

様々な妖怪が集うという、妖怪神社。

 

御神体と、

 

願い事がかなうという、目玉石。

このあと、メインの水木しげる記念館へ。

明日に続く…。

 

 

スポンサーリンク