昨日の続き。

堀川めぐりの遊覧船を降り、塩見縄手という城下町の通りを歩く。

やって来たのは、

 

小泉八雲記念館。

本名はパトリック・ラフカディオ・ハーン。

日本国籍を取得したイギリス人。
「怪談」で有名な作家。

 

お隣には、小泉八雲が松江で住んでいた邸宅が。

 

こちらは撮影可能。

 

小泉八雲が使っていた机と椅子のレプリカ。

本物は記念館に。

 

通り沿いには、他にも美術館や武家屋敷があるが、

小泉八雲で満足したので、こちらは素通り。

 

お堀沿いを歩く。

道路は意外と車通りがあるので、

 

お堀を見ながら。

 

宇賀橋に到着。

 

橋を渡って、

 

松江城へ。

 

天守はかなり上の方にあるので、

 

暑い中階段を上る。

 

お城にはそれほど興味はないが、

国宝ということもあり、せかっくなので見学することに。

 

お城ファンでなくとも、なかなか圧倒されるお城。

 

再びの階段。しかもかなり急。

これを5階まで上る。

 

途中、目についたのは鎧や、

 

顔出しパネル。

 

やっと到着した最上階からの眺めは絶景。宍道湖が一望できる。

 

松江城のあとは、歴史館などを見学し、早目にホテルに戻ることに。

翌日はいよいよ最終日、鳥取方面へ。

明日に続く…。

 

 

スポンサーリンク