昨日の続き。

カフェランチで英気を養い、町並みを散策。

 

江戸・明治時代の住宅がいくつか見学できるが、

ガイドさんにオススメされた2軒に行くことに。

1軒目は、代官所地役人だった方の住宅。

 

もちろんエアコンなどはないので、

風流なうちわを貸してくれた。

 

上層の武家屋敷とのことで、立派な造り。

 

当時の調度品。

 

2階もあり、

 

鎧などが飾られてた。

 

当時使っていた食器もいっぱい。

 

2軒目は商家のお屋敷。

 

暖簾をくぐって中へ。

 

中は風流な佇まい。

 

中庭があるからか、風通しが良いような気がする。

 

酒造業も営んでたらしく、

 

お酒にまつわる品々が。

 

こちらの2階は広々。

 

タイムスリップしたかのような、窓からの景色。

 

最後に資料館を見学し、帰途へ。

ほぼ一日がかりの石見銀山観光だった。

明日に続く…。

 

スポンサーリンク